有限会社イナガミ アサヒ薬局

〒272-0138
千葉県市川市南行徳3-4-14

TEL: 047-395-2405

漢方医学の体験談

漢方医学の基本の基本である古典の「傷寒論」「金匱要略」という原書の二つの書物40年余り、
読んで来て、実際に現代人にも相通じる多くの事が判って参りました。 

諸々の体験談(治験例)の中から、一つ、一つお話しさせて頂こうと思います。

1、婦人(女性)のお身体というのは、生理の時に風邪を引いたら仲々治り難い!!
産後の女性も同様です。 

そんな時に次の様な症状を呈したら・・・

・一日のうちでも、急に悪寒がしたと思たら次に反って発熱してくる。
・だるくてしょうがない倦怠感です。(しゃべるのもかったるい状態です。)
・食欲が無い。吐気がする。
・胃から胸部にかけて苦しい(張っている感じで。)
・ふらつく、目まいがする。
・口が苦い(ベタベタする。)又、味覚が無い。
・大、小便の出が悪い。
・口、咽が乾く。

普通のかぜ薬の治療薬では仲々で・・・というこんな御経験あるでしょう。
すばらしい即効性に驚く事でしょう。(漢方の治療のすばらしさにびっくりされる。) 

2、婦人(女性)の冷え症多し。 

世の中のお薬で、冷えを温める作用のお薬は? 
何と云っても、漢方薬が一番ではないでしょうか?! 

お風呂で沐浴剤を入れて、温まる事も良い事ですが、漢方薬で、
身体を芯から暖めて参りますと、夜、眠りに入り易くなる事と、夜間頻尿の回数も減。 
お試しになってみては?